院内トリアージ実施料の算定について

・当院ではかぜ症状(発熱/咳/鼻水/咽頭痛/全身倦怠感など)がある患者さまに対して院内トリアージを実施しております。
・新型コロナウイルス感染の可能性を想定し、該当する患者さまには専用入口からの出入り、感染症室(陰圧室)での診療をご案内しております。(感染症室での診療が困難な場合には、患者さまご自身の自家用車内で診療させていただく場合もございます。)
・医療スタッフは防護装具(フェイスシールド/N95マスク/手袋/ガウン)を装着致します。
『新型コロナウイルス感染症(COVID-19)診療の手引き』最新版に基づく感染対策を徹底しております。
上記のような十分な感染対策を行いながら診療を行なった場合、厚生労働省の規定する『新型コロナウイルス感染症に係る診療報酬上の臨時的な取り扱い』に基づき、院内トリアージ実施料として300点を算定させていただきます。
・また、該当の患者さまには『二類感染症患者入院診療加算(250点)』の算定を行うこととさせていただきます。
・十分な感染対策を行いながら診療を継続させていただきますので、何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます。